不動産 売買について

不動産投資を検討されている方へ

高齢化が進む日本では、将来的に年金の受給開始年齢の引き上げや、支給額の引き下げが見込まれています。
そのため、今後は以前にもまして老後資金を自ら確保しておくことが重要になるといわれています。
そのためには貯金だけではなく投資を行うことも重要になります。
投資先としては、株式投資のほかに不動産投資といった選択肢もあります。
株式投資の場合は景気動向によって値動きの変動が激しい可能性がありますが、家賃収入については株式ほど変動が激しくないというメリットがあります。
一方、不動産投資の場合は一定の初期費用がかかるほか、売買時の流動性が必ずしも高くないといったデメリットもあります。
こうした点を解消する投資商品として、REITと呼ばれる不動産投資信託があります。
この商品を活用すれば小口の資金からでも投資を行うことができます。
また、市場での売買の流動性も確保されており、初心者であっても購入しやすい投資商品であるといえます。

Copyright© 不動産 売買l Rights Reserved.