不動産 売買について

不動産の売買で発生する仲介手数料について

あなたがお持ちの不動産を売買する場合は、不動産会社に仲介に入ってもらうことが一般的です。
そして、売買契約が成立すると、仲介手数料が発生します。
仲介手数料には、上限値が定められています。
取引額が200万円以下の場合は、5パーセント以内、取引額が200万円を超え400万円以下の場合は、4パーセント以内、取引額が400万円を超える場合は、3パーセント以内の仲介手数料が発生します。
また、土地は非課税なのに対して、建物は課税対象なため、建物に対しては別途消費税がかかります。
ただし、これ以上費用がかかることはないですし、仲介手数料の支払い条件を不動産会社と協議することも可能です。
また、売買契約が成立しないと、仲介手数料を支払う必要はありません。
もし、上限値を超える仲介手数料を提示してきたり、土地に対して消費税を課税したり、広告費など別の費用を請求してくるような場合は、支払う必要はありませんので、ご注意ください。

Copyright© 不動産 売買l Rights Reserved.